HOME > 診療のご案内 > 診療科案内 > 循環器科

循環器科

 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心筋症、弁膜症、先天性心疾患、不整脈、高血圧症、大動脈疾患、末梢血管疾患などの診療を行っています。 循環器疾患では患者の状態を的確に判断し、迅速に診断治療を行うことが重要です。
 心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)、ペースメーカー埋込手術などの治療を行っています。
 心臓核医学検査、心臓超音波検査、ホルター心電図・イベント心電図検査、負荷心電図、神経伝達速度検査ができます。 冠動脈心臓CT検査では、カテーテル検査でしか確認し得なかった冠動脈病変の精査に対し、負担が少なく外来にて簡便に病変を評価することができます。

外来診療のご案内

当科の外来担当表をご案内しています。
下記の表をご参照の上、時間に余裕を持ってご来院ください。

外来担当表

 
午前 津田 達徳 後藤 淳 津田 達徳 津田 達徳 後藤 淳 津田 達徳  
津田 晃洋 津田 晃洋

主な診療内容・検査設備

 

カテ
カテ室
カテ室2
カテ室3
カテ室4
カテ室5
ページトップへ戻る

心臓カテーテル検査

手足の血管から細い管(カテーテル)を心臓まで進めて心臓の中で血圧を計ったり、
造影剤を使って心臓の動きを観察したりします。
また冠状動脈などの血管に異常がないかを調べることも行います。

ページトップへ戻る

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)

バルーンによる血管形成術、ステント留置術、薬剤溶出型ステント術などを行っています。

ページトップへ戻る

補助循環装置による治療(IABP / PCPS)

心不全の重症例では大動脈バルーンパンピング、経皮的人工心肺装置などの補助循環装置による治療を行っています。

ページトップへ戻る

不整脈の治療

各種不整脈の診断と治療を行っています。薬物治療のほか、心房細動・心房粗動・上室性頻拍・心室頻拍などの不整脈に対して除細動やカテーテル治療を行っています。
また、ペースメーカー植込み術をはじめ、福島県立医科大学病院第一内科の協力のもと植え込み型除細動器、両心室ペースメーカー(心室再同期療法)治療、管理も行っています。

ページトップへ戻る

心臓核医学検査

放射性同位元素で標識した薬品を静脈注射して心臓の血流を調べます。
おもに虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断のために行われます。

ページトップへ戻る

心臓MRI検査

放射線を使わずに心臓や血管の立体的な像を得ることができます。

ページトップへ戻る

冠動脈心臓CT検査

最近はCTでも冠動脈の狭窄、閉塞をおおまかに診断することが可能です。
さらに詳しい検査が必要な時は入院して冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)を行います。

ページトップへ戻る

心血管超音波検査

超音波を使って心臓や血管の形、機能の異常、血流の異常がないかを診断します。
また、弁膜の状態や心内血栓の有無をより正確に評価できる経食道心エコー検査、虚血性心疾患の診断・治療方針の決定に重要なドブタミン負荷エコーも多数行っています。
3Dエコーなど最新の機器を導入し、より詳細で正確な評価ができるようになりました。

ページトップへ戻る

ホルター心電図・イベント心電図検査

携帯の心電図をつけて普段の生活をしている間の心電図を24時間記録します。
不整脈、狭心症の診断のために行います。
イベント心電図では不整脈の検出率を高めるため、3日間連続記録します。

ページトップへ戻る

心肺負荷心電図検査

運動中の呼吸の状態、心電図などを総合的に評価し運動能力の測定さらに心臓病の患者さんの運動処方を行います。

ページトップへ戻る

ABPI(足関節上腕血圧比)検査

FormABI/PWVによるPWV(pulse wave velocity)の測定および血管(上腕動脈、頚動脈)エコー測定、循環器領域における動脈硬化性血管障害を非侵襲的に検査しています。

ページトップへ戻る

終夜睡眠ポリグラフィ検査

睡眠時無呼吸を放置すると、心筋梗塞や脳卒中を発症する危険があります。
睡眠時無呼吸症候群の正確な診断には終夜睡眠ポリグラフィ検査を行うことが必要です。眠気テストでの評価が高い方やイビキ・呼吸停止などを周囲から指摘されたり、眠気の自覚症状のある方は医師にご相談ください。

ページトップへ戻る

末梢神経伝達速度検査

心筋梗塞や狭心性の患者様は糖尿病を合併するケースが非常に多く認められます。
この検査は手足の運動神経及び知覚神経の興奮が伝わる速度を測定するもので、糖尿病や整形外科的疾患による神経障害などを評価します。

ページトップへ戻る

スタッフ紹介

院長 津田 達徳

院長代行 津田 晃洋

医局長・循環器内科部長 後藤 淳

医員 岩谷 章司

ページトップへ戻る

>診療実績(年間):2012年(平成24年)度

年間カテーテル症例: 895件
CAG(冠動脈造影法): 619件
PCI(経皮的冠動脈インターベンション): 342件

ペースメーカー植込術: 36件
ペースメーカー電池交換術: 9件

PTA(経皮的血管形成術): 36件
EPS(心臓電気生理学的検査): 207件

TAE(肝動脈塞栓療法): 11件
IVH挿入: 8件
除細動: 11件
心嚢ドレナージ: 2件
下大静脈フィルター留置: 4件

 

ページトップへ戻る

 

Copyright(C) sukagawa hospital All Rights Reserved.